ホーム > 生活 > 損切りを急ぐ

損切りを急ぐ

現実にパソコンの画面の前に座って止まることなく変動しているレートを見ると何やらエントリーをしなければいけないという思いに突き動かされる状況も少なくないだろう。

 

だけど、ぼんやりした感覚で取引するのは断じてしてはいけません。

 

事実、外国為替市場は24時間どういう時でもいずれかで外国為替市場はオープンしているし、マーケットもいかなる時でも変動している。

 

しかしながら、考え無しに売り買いを積み重ねるとその回数だけ損失を被る確率が上がってしまいます。

 

当然、売買の数を重ねることによってじょじょに勝ち負けの確率が50%、50%になるのは事実です。

 

けれどもそれは「なんとなく感覚で注文」とは別の話だ。

 

トレード回数を積むということは自分で「ここがチャンス」と感じたチャンスを持った場面での取引回数を積み重ねるという意味です。

 

特段の理由も無く、絶え間なくトレードを重ねるのとは大きく違う。

 

為替相場の勝負に勝利するためには白分で意識して緩急をつけることこそが大切です。

 

「ここは勝てる」と思った外国為替相場の時には迷うことなく所有ポジションを多くして、意識して儲けを狙います。

 

「何となく分かりにくい相場で、どう上げ下げするのか予想できないな」と思ったならば、執着しないで保持ポジションをクローズして何もしない。

 

それぐらいのけじめをつけた方が、エントリーは勝利します。

 

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

取引とはポジションを所有する事がすべてではなく売買ポジションを所持せず静観していることもまた、相場なのである。

 

そうであるならば、いつ休めばいいのでしょうか。

 

ひとつめは、前述したように、今の市場が曖昧で見通しがきかない時です今後どうなるのか判断できない時は、ヘタに動くと、自分で書いた脚本とは逆方向に為替相場が推移してしまい、損をする事になります。

 

こういった状況ではポジションを諦めそのまま何もしないで静観を決め込むのがいいと思います。

 

もうひとつの場面は、体の調子が変なときです。

 

体の調子とマーケットに関係しないと考える人もいると思いますが現実には思ったより影響します。

 

体の調子がすぐれなければ、マーケットの決断しなければいけないところで、必要不可欠な決定が難しくなります。

 

気分が進まない時は、マーケットから遠ざかる事も必要な事です。

 


関連記事

ストレス社会で生き抜くには
男性女性にかかわらずストレス社会の中でどのようにしてストレスを緩和していくかは、...
損切りを急ぐ
現実にパソコンの画面の前に座って止まることなく変動しているレートを見ると何やらエ...
とりあえず、フラッシュモブを研究してみる
フラッシュモブをやりたいと 思っているのでいろいろ調べています。   ...
ヘッドスパに自信があるところ
ビームズヘアー(リラ)はヘッドスパに自信を持っているみたいです。 こういうところ...
テスト
テスト記事です。...